公益財団法人全日本弓道連盟は、全国の弓道連盟を統括し、弓道の更なる発展を目指し活動しています。

公益財団法人 全日本弓道連盟 english kankoubutu ご入会案内
個人情報保護方針 リンク お問合せ トップページ
弓道の世界 全日本弓道連盟ご紹介 全国大会 中央審査会 年間行事予定 中央道場

弓道の歴史

弓道とは 弓道の歴史 射法について 道具について

弓道の歴史

日本の弓
世界の弓の歴史は古い。旧石器時代末期には中近東アジア地方の民族により使用されていたという。

日本においても石器時代の弓と思われるものが発見されている。弥生式土器使用の時代と推定され、黒塗りの丸木弓の長弓で樺で隔巻してあったという。また石器時代末の製作といわれる銅鐸に狩猟の絵があり、これも長弓で「握り」が下部に描かれている。

中国の魏志の倭人伝にも、日本人の使用した弓は長弓であることが記されている。このことは古事記等から思想的意義、文化的意義を推察するに、威儀の行装として弓矢が重い位置を占めていたと考えられる。これが後に宮中や武家行事に弓矢の儀式が重視される淵源となった。
中国文化の影響
中国では弓についての文献は多く、周礼や後漢書、ことに礼記の射義の思想は日本の弓に大きく影響した。中国との交流は4・5世紀頃、応神天皇以降であるが、日本文化への影響は多く、弓に於いても、日本の古代からの弓矢の威徳の思想と、中国の弓矢における礼の思想は、朝廷行事としての射礼の儀を生み、武家時代には弓矢を通じての礼の思想となった。中国の「射をもって、君子の争いとなす。」という射礼思想である。これがやがて日本固有の武家思想と結びついてゆく。

平安時代の中頃(10世紀)に現われた伏竹弓、平安末期(12世紀)にできた3枚打等は、中国の合成弓製作の技術を取り入れ、竹と木の合成弓にしたものである。
武家時代
源 頼朝が鎌倉幕府を開いたとき、弓馬の修練をもって技術を通じての精神の到達点として武士の道義を確立した。武士の身心の鍛錬および戦闘技術の訓練として、犬追物、笠懸等の騎射も盛んに行なわれたことは、吾妻鏡にも明らかである。

また鶴ヶ岡八幡宮の放生会における流鏑馬の盛儀は今日に伝わっている。この当時巻狩も盛んに行なわれ、平安時代の文射の弓は再び戦闘の弓となって来た。反面、犬追物・草鹿等は厳格なルールを設け、今日のスポーツとしての在り方を見せている。
技術の発達
吉野朝動乱の時代から、室町時代に至る頃は弓術における技術革新の時代である。

後醍醐天皇のとき、武家社会に伝承された弓法は小笠原貞宗・常興によって集大成され、弓馬術礼法の基準が確立された。その後、小笠原氏は将軍家の弓馬術礼法の師範として徳川時代に及ぶのである。射術の書として今川了俊は了俊大草紙に当時の射法を詳細に示している。日置流の祖日置弾正正次も、この時代の人である。この技法は、実践の射として普及した。この正次の射法はやがて吉田重賢に引継がれ、されに出雲派・雪荷派が分派し、雪荷より道雪が分派し、また出雲派より印西派、大蔵派等が分派しこれ等俊才により弓技は急速に進歩していった。

なお傍系として竹林坊如成によって竹林派が成立し、後の尾張・紀州に定着し盛んに行なわれた。このように流派が多く派生したのは15世紀から17世紀・室町末から徳川初期にかけての150年の間である。

その後、流派としては元禄の頃森川香山により大和流が、明治の時代になって本多利実により本多流が創始されている。

弓術の技術革新は、京都所司代につとめた多賀豊後守高忠による「高忠聞書」に弓返りの射法の得失が述べられており、竹木合成の彎曲弓による技術の工夫として示されている。
心身鍛練としての弓
織田豊臣時代既に鉄砲は伝来し、戦具としての弓の時代は去って、弓術は心身鍛練が目的となり技法はしだいに精妙になってゆくのである。

その一つとして通し矢があげられる。通し矢の起源は、保元の乱の頃(12世紀)であるが、天正の頃(16世紀末)には盛んに行なわれるようになった。しかし慶長11年(1606)の記録では51本と示され、寛文・貞享(1661-88)の記録には8,000本に伸びている。星野勘左衛門、和佐大八の記録である。

通し矢は速射を必要とするので、打切りの射法で用具には堅帽子 が工夫されているが、これが現在の堅帽子である。和佐大八は24時間の規程の時間に13,033本を射て、8,133本を射通している。
幕末より明治へ
平和の続く江戸時代、弓は術として、道として研修され、心身鍛練の弓道を確立したが、幕末江戸幕府の講武所では実戦的でないという理由で一年間で除外している。洋式調練と鉄砲時代である。しかし、当時の武士は鉄砲は下級武士の仕事として弓馬の稽古を盛んに行なっている。明治28年に京都に大日本武徳会が創立され弓道も当然含まれ奨励された。

大正、昭和の時代、弓道は中等学校以上の学校教育として正課やクラブ活動に採用されたが、第二次世界大戦がおこり、昭和16年文部省により体練科武道として再び実戦と直結するような方向に導かれ、終戦により昭和20年11月武道の授業は禁止された。

昭和26年7月文部次官通牒により学校における弓道の実施が許可され、この禁止はとかれ、こえて昭和42年体育局長通達により高等学校における弓道の正科が採択され、ここに弓道は新しい意味における教育的意義、体育的意義が認められ、学校体育として発足することとなった。

今後近代科学の新しい研究法により、新しい武道理念のもとに、教育における意義づけが行なわれて普及させてゆくことが大切である。
ページトップ

ページトップ